学ぶ屋形船

屋形船を予約しよう!

宴会やイベントを行うときに、レストランや居酒屋ではなくいつもとは違う趣向を凝らして企画することを求められる場合もあります。
日本において古くから人気のある屋形船は、これらのイベントを企画する時にも普段とは違う特別な空間を演出しながら、美味しい料理やお酒を飲む事が出来る為人気があります。
このサイトでは、屋形船の予約をする前に知っておきたいポイントや、室内設備、持ち込みできないものなど、スムーズに予約する為の情報を紹介しています。

スムーズに屋形船を予約するには?

スムーズに屋形船を予約するには? 屋形船を運行する船会社では料理に強いこだわりを持っている会社がほとんどです。
屋形船の名物グルメともいわれる江戸前天ぷらなど、美味しい食事を提供するためにも、料理の仕込みや仕入れなどの関係で人数変更やキャンセルに関して制約が厳しい場合もあります。
予約を取る前に日程や参加人数をきちんと確定させることがポイントです。
また、繁忙期は予約が取れなくなる場合もあります。日時や人数が確定した段階で早めに連絡することが大切です。
設備としては一般的に冷暖房、男女別水洗トイレやカラオケなどは完備されているものがほとんどです。
デッキで外の景色を楽しめるタイプもあり、船の環境でも快適で楽しい時間を過ごすことができます。
持ち込みに関しては船会社によって違いがあります。船会社で提供出来ない物は、条件付きで持ち込み許可をしている場合もある為に、事前に確認することが大切です。
勝手に持ち込むことはルールとして厳禁です。

屋形船の繁忙期を把握しておく

屋形船の繁忙期を把握しておく 現在では一般的にはあまり利用することのない屋形船ですが、その歴史はかなり古く、平安時代の貴族遊びに起源があります。
江戸時代になると今の形とほぼ変わらないようになり武士階級、商人の上のクラス達に利用されていました。
太平洋戦争の終結をきっかけに、文化的な移り変わりや河川の水質の悪化などで一旦は衰退します。
しかし昭和の末期のバブル時代に河川の水質改善を機に、再び屋形船による観光が見直されて現在に至っています。江戸時代から現在まで営業を続けている歴史ある船宿さんもいくつかあります。
屋形船の利用人気のシーズンと言えば、やはり観光シーズン。具体的には「花見」のシーズンと「花火」が開催されるシーズンです。
よって3、4月と7、8月は船宿さんは繁忙期、書き入れ時となります。大人気のシーズンとなりますから早いところでは半年前から予約で埋まっているケースもあるようです。
またこのシーズンは特別料金も設定され、通常料金の3倍になることもあります。繁忙期は海・川に出るのが気持ちの良い時期と覚えておくと良いと思います。
反対に閑散期は寒い時期と言えます。ただし、寒いからといって屋形船の需要がないと言うわけではなく、この時期は鍋がおいしいですから、忙しいところは忙しいです。
鍋料理など冬の時期においしいものを提供することを謳っている船宿さんは、その傾向があります。
しかし全体的には利用者は少ないと言って良いですから、少人数での貸切が可能となったり、予約がスムーズにいったりしますから、逆にそれを利用するのもひとつの考え方です。

屋形船に関する情報リンク

スカイツリー・お台場・レインボーブリッジを満喫できる屋形船の予約サイト

屋形船

Copyright (C) 2017 学ぶ屋形船. All Rights Reserved.